膝の痛みに皇潤は飲み続けて良いのか?副作用などの危険性は?

皇潤はサプリメントの一種です。
薬と違うため、基本的に副作用の心配はありません。

薬とサプリメントの明確な違いは目的にあります。

薬の目的は、病気を治したり、症状をやわらげたりすることを目的としています。
治癒を目的としているため、効果が強い。
そのため、副作用などの危険性もあるのです。

一方、サプリメントの場合、普段の食事で摂れない栄養成分を補うことが目的としているのです。
ですから、皇潤は、膝の痛みを治すものではないのです。

膝の痛みの元となるヒアルロン酸やグルコサミンなどの軟骨成分を補うことが、本来の目的なのです。
この結果、膝の痛みが軽減されるということにつながっているわけなのです。

悪い意味でいうと、サプリメントの場合は、効果が表れなくても、軟骨成分をきちんと補えていれば、本来のサプリメントとしての役割は果たしているのです。
サプリメント=効果と捉えないほうがいいですね。

薬の場合は、基本的に症状が改善されたら飲み続ける必要はありません。(ただし、インスリンなどの場合は違いますが・・・)
一方、サプリメントの場合、食事で摂取しづらいものなので、継続的な摂取が必要になってきます。

副作用の危険性はありませんが、体調が悪いときや生理不順や妊婦など特別な状態にある際は、気をつける必要があります。
きちんと、サプリメントの注意書きを確認して摂取するようにしてください。