皇潤とグルコサミンでは膝の痛みにはどっちが効く?

皇潤は、鶏冠抽出物の中には、コラーゲンも入っております。
また、コンドロイチン、グルコサミンも微量に含まれます。
プレミアムでは、軟骨成分のグルコサミン・コンドロイチン・Ⅱ型コラーゲンも配合しています。

一方、グルコサミンはグルコサミンだけということになります。
グルコサミンの効果を実感したいのならば、グルコサミン単独のものの方が効果的です。

グルコサミンは、軟骨成分を作り上げる一つ。
グルコサミンを定期的に摂取することで、軟骨の磨り減りを予防してくれるのです。

実は、更年期を迎えたころには、軟骨はかなり磨り減ってきています。
すると、骨と骨が直接ぶつかるようになり、ぶつかるたびに痛みを生じるのです。
膝部分は曲げ伸ばしが激しい部分なので、余計に骨と骨が当たりやすいですしね。
ですから、軟骨成分を摂取することが大切なのです。

軟骨成分は甲殻類の殻に多く含まれています。
そのため、普通の食事では摂取するのが非常に難しいのです。
そこで、サプリメントとしてグルコサミンを摂取することが大切なのです。

一方、軟骨の磨り減り予防効果があるのが、コンドロイチンという成分。
グルコサミンとコンドロイチンが効率よく含まれているのが、本来膝関節にはいいということです。

どちらが優れているかはハッキリいえません。
それぞれの特徴を理解して、使い分けることが大切です。