病院で膝の痛みに皇潤は意味がないと言われた...病院で貰う薬とどう違う?

病院できちんと診察されたのならば、医師の診断を仰ぐべきです。

そもそも、皇潤は「飲むことでヒアルロン酸効果を得る」というサプリメント。
ヒアルロン酸などの多糖類は、体内に入ると細かく分解されます。

たとえ、低分子化されていたとしてもです。
ですから、ヒアルロン酸効果はそれほど期待できないものなのです。

ですが、グルコサミンなどの軟骨成分が含まれていますので、これらの効果によって多少の膝の痛みの改善効果は期待できるともいえます。

ヒアルロン酸を大きく見出しで載せていますが、実のところグルコサミンなどの成分が大きな役割を果たしていると専門家も述べております。

膝の痛みには、ヒアルロン酸不足だけでなくグルコサミンやコンドロイチンなどの軟骨成分不足も大いに関係しています。

病院でもらう薬の方が、サプリメントと違って、効果は明らかに違いますからね。
薬とサプリメントの目的の違いからいって明らかです。

薬は症状を和らげて改善することを目的としています。
薬には、効果・効能をきちんと記載されていますよね。

一方、サプリメントは体に足りない不足成分を補うことを目的としています。
効果・効能は、あくまで付属なのです。
ですから、サプリメントの場合、効果・効能などは記載してはいけないことになっているんです。

どちらが、膝の痛みに効果があるかは明白ですよね。
医師の進めている薬を飲むようにしてくださいね。