皇潤は膝の痛みに本当に効くの?飲んでも意味がないって聞いたけど...

皇潤を飲んだ方によると、
「立ち上がる際の膝の痛みがなくなって、今ではダンスも軽々できます。」
「階段の上り下りも苦にならなくなった。」
といったように、膝の痛み改善に関する口コミが多数あります。

口に入れたものは酵素で分解されるため、ヒアルロン酸効果は薄いと言われています。
では、なぜこれらの口コミがあるのでしょうか?

それは、軟骨成分が含まれているからなのです。

成分のところに、アセチルグルコサミン、サメ軟骨エキスと書かれています。
これらは、軟骨成分の機能回復効果が期待できるのです。

ヒアルロン酸効果ではなく、グルコサミンや軟骨エキスによる効果が期待できるのです。
ですから、膝関節の痛みが軽減される可能性は期待できます。

問題は、肌のツヤやハリです。
これらは、どうなのでしょうか?

ヒアルロン酸による効果ではないものの可能性が高いです。
ヒアルロン酸は多糖類のため、口からの摂取は、体内で分解されますからね。
ただ、低分子化ヒアルロン酸とコラーゲンが一緒になっているというところがポイントになっているのではないでしょうか。

皇潤ってどんなサプリ?配合されている成分と働き

皇潤というサプリは、テレビのコマーシャルでもよく拝見しますよね。
宣伝効果もあって、人気も非常に高いサプリメントです。

皇潤のサプリメントについて簡単に紹介します。

皇潤は、低分子化された天然100%のヒアルロン酸が配合されています。
低分子化することで、通常のヒアルロン酸と比較して体内に吸収されやすいのです。
つまり、それだけヒアルロン酸効果が得られるという訳なのです。

このヒアルロン酸は、国産の成鶏の鶏冠からとられています。
ヒアルロン酸の効果は、肌の潤いを取り戻す効果があります。
年をとっても若いころのように、ツヤツヤの肌でいたいという方にオススメです。

ただし、ヒアルロン酸だけでは効果が実感しづらいというもの。
コラーゲンを配合することで、初めて本来のヒアルロン酸効果が得られるそうです。
皇潤プレミアムには、コラーゲンが含まれていますので安心してください。

アセチルグルコサミン、サメ軟骨エキス末なども含まれています。
軟骨エキスは、加齢によって失われてくる軟骨成分を補ってくれるものなのです。

また、ヒアルロン酸によって、軟骨の弾力性をアップさせてくれます。
ですから、更年期の膝関節が良くなったりする効果を実感されている方もいます。

5ロキシンと呼ばれる成分も配合されており、炎症による痛み軽減もあると言われています。
安易に購入するのではなく、他の方の意見や口コミを参考にしながら、自分の判断で購入するようにしてくださいね。

皇潤とグルコサミンでは膝の痛みにはどっちが効く?

皇潤は、鶏冠抽出物の中には、コラーゲンも入っております。
また、コンドロイチン、グルコサミンも微量に含まれます。
プレミアムでは、軟骨成分のグルコサミン・コンドロイチン・Ⅱ型コラーゲンも配合しています。

一方、グルコサミンはグルコサミンだけということになります。
グルコサミンの効果を実感したいのならば、グルコサミン単独のものの方が効果的です。

グルコサミンは、軟骨成分を作り上げる一つ。
グルコサミンを定期的に摂取することで、軟骨の磨り減りを予防してくれるのです。

実は、更年期を迎えたころには、軟骨はかなり磨り減ってきています。
すると、骨と骨が直接ぶつかるようになり、ぶつかるたびに痛みを生じるのです。
膝部分は曲げ伸ばしが激しい部分なので、余計に骨と骨が当たりやすいですしね。
ですから、軟骨成分を摂取することが大切なのです。

軟骨成分は甲殻類の殻に多く含まれています。
そのため、普通の食事では摂取するのが非常に難しいのです。
そこで、サプリメントとしてグルコサミンを摂取することが大切なのです。

一方、軟骨の磨り減り予防効果があるのが、コンドロイチンという成分。
グルコサミンとコンドロイチンが効率よく含まれているのが、本来膝関節にはいいということです。

どちらが優れているかはハッキリいえません。
それぞれの特徴を理解して、使い分けることが大切です。

膝の痛みに皇潤は飲み続けて良いのか?副作用などの危険性は?

皇潤はサプリメントの一種です。
薬と違うため、基本的に副作用の心配はありません。

薬とサプリメントの明確な違いは目的にあります。

薬の目的は、病気を治したり、症状をやわらげたりすることを目的としています。
治癒を目的としているため、効果が強い。
そのため、副作用などの危険性もあるのです。

一方、サプリメントの場合、普段の食事で摂れない栄養成分を補うことが目的としているのです。
ですから、皇潤は、膝の痛みを治すものではないのです。

膝の痛みの元となるヒアルロン酸やグルコサミンなどの軟骨成分を補うことが、本来の目的なのです。
この結果、膝の痛みが軽減されるということにつながっているわけなのです。

悪い意味でいうと、サプリメントの場合は、効果が表れなくても、軟骨成分をきちんと補えていれば、本来のサプリメントとしての役割は果たしているのです。
サプリメント=効果と捉えないほうがいいですね。

薬の場合は、基本的に症状が改善されたら飲み続ける必要はありません。(ただし、インスリンなどの場合は違いますが・・・)
一方、サプリメントの場合、食事で摂取しづらいものなので、継続的な摂取が必要になってきます。

副作用の危険性はありませんが、体調が悪いときや生理不順や妊婦など特別な状態にある際は、気をつける必要があります。
きちんと、サプリメントの注意書きを確認して摂取するようにしてください。

膝に人工関節を入れた人には皇潤を飲んでも意味がないの?

皇潤というのは、「飲むヒアルロン酸」として話題ですよね。
しかし、ヒアルロン酸は経口摂取では、効果が期待できないものなのです。

というのも、ヒアルロン酸が口から摂取されても、多糖類に変わりありません。
多糖類は、消化酵素によって分解されてしまいます。
結果的に、ヒアルロン酸としての効果が得られないまま終わってしまうのです。

それよりも、グルコサミンなどの単独サプリメントのほうが効果が期待できるといわれています。

また、人工関節の手術を行ったあとは、脱臼しやすくなっています。
脱臼したら再手術になって大変ですからね。

ですから、姿勢に負担がかからないアイテムの方が効果的です。
松葉杖や家具を変えてみるというのが一番のオススメ方法です。

食事の際に負担のかからないような椅子を用意したり、眠る際のベッドを用意したりすると効果的。
運動は入院中に教わったものだけを行うようにしてください。

細菌感染の危険性が高いのも人工関節の欠点。
体を清潔に保っておくことが大切になってきます。

高カロリーなものはできるだけ避けて、和食を中心としたバランスよい食事を摂取するようにしてください。
補助する方も補助される方も、負担のかからない生活習慣を送ることが一番大切です。

病院で膝の痛みに皇潤は意味がないと言われた...病院で貰う薬とどう違う?

病院できちんと診察されたのならば、医師の診断を仰ぐべきです。

そもそも、皇潤は「飲むことでヒアルロン酸効果を得る」というサプリメント。
ヒアルロン酸などの多糖類は、体内に入ると細かく分解されます。

たとえ、低分子化されていたとしてもです。
ですから、ヒアルロン酸効果はそれほど期待できないものなのです。

ですが、グルコサミンなどの軟骨成分が含まれていますので、これらの効果によって多少の膝の痛みの改善効果は期待できるともいえます。

ヒアルロン酸を大きく見出しで載せていますが、実のところグルコサミンなどの成分が大きな役割を果たしていると専門家も述べております。

膝の痛みには、ヒアルロン酸不足だけでなくグルコサミンやコンドロイチンなどの軟骨成分不足も大いに関係しています。

病院でもらう薬の方が、サプリメントと違って、効果は明らかに違いますからね。
薬とサプリメントの目的の違いからいって明らかです。

薬は症状を和らげて改善することを目的としています。
薬には、効果・効能をきちんと記載されていますよね。

一方、サプリメントは体に足りない不足成分を補うことを目的としています。
効果・効能は、あくまで付属なのです。
ですから、サプリメントの場合、効果・効能などは記載してはいけないことになっているんです。

どちらが、膝の痛みに効果があるかは明白ですよね。
医師の進めている薬を飲むようにしてくださいね。